Name
A-3 石油・ガス産業に適した高度な分析
Date & Time
Tuesday, October 16, 2018, 1:45 PM - 2:30 PM
Cindy Crow シンディ クロウ
Description
※本セッションは同時通訳でご聴講いただけます

石油・ガス業界に適したさまざまな分析の方法についてご説明いたします。精製部門では、価格引き下げに対する圧力が引き続き高まっている傾向にあるため、分析手法を活用することで、キャパシティスループットの向上とその後の財務的影響の分析手法の適用が実現することが可能になります。石油・ガス産業のエンドストリームで見られるような、資本集約的なプロセス設備があるため、財務結果は非常に複雑なものになります。特定の予測分析を決定するために使用されるシェープファイル(Shape files)を使用した分析を含む事例をお伝えいたします。さまざまなシステムに適用されるタービンに適用される機械分析、予測学習、通知および作業指示の自動生成を可能にする圧縮分析・予測分析などが含まれます。
お客様事例として、石油・ガス会社が分析能力を備えたより高い容量と高いROIで運用資産で達成した価値をご紹介させていただきます。
 
We will share lessons learned of various types of analytics applied to the oil and gas industry. As the refining sector continues to have pricing pressures placed on it, the application of analytics is providing increased capacity throughput and subsequent financial impact applying analytic methods. Financial results are the greatest in complex, capital intensive process facilities like those found in the downstream area of the Oil and Gas Industry. We will share specific examples including analysis using shape files, used to determine specific predictive analytics ; machine analytics, applied to turbines and compression and predictive analytics applied to various systems to allow predictive learning, automated generation of notifications and work orders. Customer examples will be shared of the value Oil & Gas companies have achieved in operating assets at higher capacity and greater ROI with analytics.
Location Name
Day2 RoomA
Full Address
虎ノ門ヒルズフォーラム
〒105-6305 東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階
Minato-ku Tokyo 1056305
Japan
Location
Room A